So-net無料ブログ作成
検索選択

手術日記②「アブレーション手術」 [過去文章]

ガタブルである。

手術はカテーテルを心臓やら血管やら心筋に突っ込み、
よーするに、不整脈を起こす悪い電気を焼いてしまうものである。
わからんと思うが、心臓も電気信号で動いてる。
なのに、それを邪魔する電気信号もいる。
そいつを焼き切ってしまうのである。

そう、心筋をドテ焼きするのだーー;痛w

ところが、全身麻酔(静脈)にしてくれたので、もう、こり、ぐっつりw
…起こされても快適。ん?だが、なんか手術スタッフがぼーっとしてる。

「あー。こりさん、実は今日不整脈出なかったんですよ?」
「へ?」
「出るようにしてみたんですが、全然、不整脈出なくて。
ですから、もう、このアブレーションはかえって身体に悪いから、
やめて明日、ペースメーカー入れる手術にしましょう!」
「はぁ。しかし、一万なんぼもあった不整脈がなんで出なくなったんですか?」
「さぁ。先週の患者さんもそうでしたよ」

…まぁ、痛くないし、剃毛されただけなので、いっか! で、病室に戻るこり。

よく食べるし、看護婦さんはみんな若く可愛いし、
これで、手術も中止なんて調子良すぎるわ(わりぃ予感ーー;)w