So-net無料ブログ作成

「コピーテクニック」 [過去文章]

儲かるコピテク。

コピーとは、広告における文章である。
つまり、商業文。
商品やサービスを明確に伝えるとともに、
興味を持たせ、購買意欲まで刺激しなければならない。
だから、コピーライターは、いわゆる普通のライターよりギャラがいい。
だが、バブル崩壊、失われた10年、9.11、プライムローン、東日本大震災と来て安部、
まったくもって元気のない日本の企業にコピーライターを雇う財力はない。
なにせ、元をただせばただの日本語だ。
技術者や営業、
または印刷所やホームページ制作者たちが、
適当に書いているのが、現実。
そう、今の世の中にコピーライターという職業は無いと言っても過言ではない。
ギャラだけでなく、コピー表現そのものが、時代に即していないのだ。
消費者が商品を購入する場合、広告を参考にすることはない。
例えば、地デジ対応テレビを買う、とする。
まず、誰もがパソコンで「検索」を行う。
そして、スペックや値段などを調べ、さらには誰が書いたかわからない「評(口コミ)」
を参考にいくつかの候補をピックアップする。
そして大型電気店で実物を見て、さらに家電コンシェルジェの意見を聞き、
「これ!」と決まったら、もちろんすぐには買わず、
またパソコンを操り、決めた商品が一番安く手に入るお店で購入するのである。
完璧である。少なくとも歯の浮くようなキャッチフレーズで購入するより間違いはない。

もう一度言う。コピーライターという職業はない。



70~80年代のコピーライターブームには、
優秀な才能が広告業界に集まり、百花繚乱。
さまざまな広告が私たちを楽しませてくれたが、
もう、そんな時代は終わったのだ。

その当時、コピーライターをしていた人間?
うまくウェブの世界に乗りかえたか、営業に移ったか、またはリストラされたかだ。

そう。この私がそうだ。「生涯コピーライター」なんて馬鹿なことを言っているうちに、
ハードワークで身体を壊し、実家に身を寄せ、それまでのコネクションでSOHOなんかしているうちに、
どうにもならなくなった。プライムローン以降、仕事は減るばかり。
さらにハローワークでも、仕事が見つかることは無い(年齢制限という差別は確実にある)。
そこで、残業、徹夜、休日出勤(もちろん手当てなし)で、
身についたこのコピーライティングのテクニックで食えないだろうか?と考えた。
イラさんのような才能があれば作家もいいが、とにかく「書く」ことだ。
一番の近道は、コピーライターのノウハウを捨て、商業的ライターとなることである。

ところがである。
ここ10年。いわゆる記事体広告(インタビュー記事)やリライティングでライター力を鍛えたつもりだったのに、
ダメなのである。あっさり、心地よい言葉を並べて、当たり障りない文章を書く、なんてできないのだ。
つい、目立ちたがり屋な文章を書いてします。そこで、コピー他に役に立つものないかな?
と沈思黙考した訳である。

懸賞や公募はどうだろう。
世界的な不況で、職にあぶれている人はたくさんいる。
若者から働き盛り、奥様、50歳~と、時代から、あぶれてしまった人は多い。
コピーライターの時も、よくこの懸賞、公募はした。
コピーの良し悪しなんてそう簡単にはわからない。
賞を取っているか、どうかが、勝負の分かれ道。
有名なのが、宣伝会議賞。こいつを取れば、次のステップは少し大きくなる。
そこで、いいデザイナーたちと組み、各新聞社が行っている広告賞を取れば、更に上へ行ける。
上に行けば、行くほど、いい仕事が待っている。
そこで、頑張って「実際」の仕事でTCC賞などを取れば、コピーライターとしては一人前。
後は、どういい仕事を継続していくか、だけだ。
残念ながら私は宣伝会議賞と某新聞社の広告賞佳作で、止まってしまい。
日々のハードワークで身体を壊してしまった。

しかし、このコピーライター的思考は、懸賞や公募で使えるのではないだろうか。
公募雑誌やウェブ懸賞などを見ると、結構、キャッチフレーズ、川柳、エッセイ、なんてコピーテクニックが応用できそうなものがある。
そう、文学賞やシナリオ大賞みたのはこの際、見なかったことにして、小さい魚で大魚を釣ろうではないか。
懸賞ライターなんて、いいじゃないか。えんぴつとメモ帳だけでできるなんて最高のビジネスではないか。いざ、いざ、いざ。



これから、絶対、コピーライター (マスナビBOOKS)

これから、絶対、コピーライター (マスナビBOOKS)

  • 作者: 黒澤 晃
  • 出版社/メーカー: 宣伝会議
  • 発売日: 2015/12/01
  • メディア: 単行本



新・コピーライター入門

新・コピーライター入門

  • 作者: 小松 洋支
  • 出版社/メーカー: 電通
  • 発売日: 2005/04
  • メディア: 単行本



壽屋コピーライター 開高 健

壽屋コピーライター 開高 健

  • 作者: 坪松博之
  • 出版社/メーカー: たる出版
  • 発売日: 2014/04/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

「箱根の温泉、いいよなぁ」 [過去文章]

箱根の別荘へ

にゃん暴のウチでいつもの2倍の昼飯を食い、買いだし。
ぱんちゅうーマンが安いものをセレクト。
ハンチング兄から「もう着いた」とメールが来る。
にゃん暴、ドラフト族に。
おいらの運動不足の脳みそがガクガクいう。
着いた途端、倒れそうになるも「大人だからゲロッパしないぞ!」とすぐワインを飲む。
ハンチング兄の買ってきたのがうまくて落ち着く。
その後、久しぶりの温泉。
痩せたとみんなに言われていたハンチング兄だったが見事にひきしまったボディ。
おいらは反省デブ。して、大事件。
お風呂場にタオルを取りに行ったら!
なんと!これまた久しぶりに見るゴールデンなおぱんちゅが!
驚愕としたおいら、一応、匂いを確かめてからつまんで女子チームに。
「あ、それ明日穿くの。ふふふん」とほざいたのは当然、ぱんちゅうーマンである。
さすが海外を拠点地にボーダーレスに活躍する女子だ。微動だにもしない。
と、一日、労働をしてきて、この別荘を手配してくれた元・格闘家にして爽やか青年、到着。
さすがの肉体が怖いが、優しいし、チーズも買って来てくれる。
で、和やかに呑んで、元・格闘家マン、健康的にねんね。
にゃん暴が夕食のトムやんラーメンを作るも、
おいらさすがに満腹。でも頑張る。
夜中の2時30分だが、ぱんちゅうーマン全然元気。殴って寝る。
さすがに気持ち悪くて眠れないがおトイレ行ったり起きる度にハンチング兄も起きてしまう。
ふたりとも睡眠不足で起きると元・格闘家マン、お掃除している。
何時でもお婿に行けるタイプである。
で、今度は朝食を作っていたにゃん暴がいなくなる。
も、黙々と食事を続ける四人。「あれ?にゃん暴は?」
「お風呂じゃない?」「トイレかもね」もぐもぐ。
「もう一時間よ!」「なんかあったのかしら?」もぐもぐ。
「あ、にゃん暴は瞑想してるのよ!」「あっそうだ!」
・・・結局、にゃん暴は二日酔いでベッドで倒れていたのだが・・・。
しょうがないので、ハンチング兄と帰宅することに。
優しい格闘マンがバス停まで送ってくれる。
小田原で昼飯食って帰宅。
いやぁ、やはり、社会性を取り戻すのは肉体的にも相当な覚悟はいるのであった。
ちなみに、箱根の緑はキレイでした。しかも火山活動で空いていました。
そして!復活したにゃん暴らはしっかり遊んで帰宅したそうな。ちゃんちゃん。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

藤沢ミュージック・カフェ「E#」閉店 [日記]

昨日は3年間くらいお世話になった藤沢のミュージック・カフェ「E#」の閉店パーティ。
嵐にも負けず来店してくる懐しい顔・顔・新顔。
もう、夜遅くなってもここはないのが寂しい。
マスター&ママ、どうもお疲れさまでした。
ちなみにオープンマイクスタイルなので、
サマータイムのソロを練習していったのですが、大コケーー;w
(輝ちゃんごめん)w
しばらくぶりに人前でヤルとやっぱりあがるもんですね。
皆様も近くにこういうオープンマイクのあるお店に行くといいですよ。
思いかけず有名な人に会えたり、素敵な人と出会え結婚したり(実例あり)w
でわでわ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「スマホゲームに負けないで」 [過去文章]

だいたいである。

昔は日経新聞やらスポーツ新聞を読んだり、

ラジオ聞いたり、痴漢したりされたりと、

穏やかなもんじゃった。


のに、この平成おバカ時代!

うるせぇ音楽、耳に突っ込み、

目はスマホゲームに集中、

痴漢したりされたりと、

こう、ゆとりがないな。


一番、嫌いなのはスマホ。

これやってると、

財布とか落としても気づかず、

「落としましたよ」って言ってもーー;w

耳は轟音だから、さっさと行ってしまう。


だいたいさぁ、日頃から、

パソコン見てるんだし、目を解放してやれよ。


おいらは今でも!

電車の中では「人間観察」。

へぇ、化粧ってすごいな、とか、

すげぇ、弁当食べ終わったよ、とか

わお、この子、見えすぎみたいなね、

楽しいこといっぱい。


後、昔は仕事も電車で済ませていた。

目の刺激からか、頭の回転がよくなり、

だいたいできちゃうんだよな。


もうスマホ一筋ではなく、

たまには目や耳を解放してあげて、

電車の中、見まわしてみ。

ほらぁ。かわいい(または素敵な)人いません? 通勤電車で恋なんてのもいいもんよw

(ストーカーはいけませんよ);汗だくw


スマホ廃人 (文春新書)

スマホ廃人 (文春新書)

  • 作者: 石川結貴
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/04/20
  • メディア: 新書



スマホを落としただけなのに (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

スマホを落としただけなのに (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

  • 作者: 志駕 晃
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2017/04/06
  • メディア: 文庫



NHK趣味どきっ! スマホ&タブレット もう一度キホンのキ! (TJMOOK)

NHK趣味どきっ! スマホ&タブレット もう一度キホンのキ! (TJMOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2017/06/06
  • メディア: 大型本



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

「置かれた場所でいいのかよ?」 [過去文章]



ビジネス書、癒やしの書、ヒーリングブックみたいのは、
基本的に読まない。

職業病で「本当かよ?」と疑ってしまうし、
なんなら自分で考える。

だいたいこういうまとめちゃっている本は、
大きなくくりでは「なるほど」と思えるのだが、
個人的に読むとたいてい違う。
それに非常に売りたいためだけの哀しい本である。

あさイチで、
なんちゃらさんというシスターが出ていたが、
「置かれた場所で咲きなさい」だって
(どっかのシスターの言葉だったらしい)。
このシスターにとって素晴らしい言葉であっても、
おいらにとっては、そうとは思えない。
このシスターの話を聞くと、彼女はもっと人間ぽいしね。

だいたい。この言葉には「我慢しなさい」つー、
意味合いが含まれているのが気に食わない。
結局、石の上にも三年じゃん。

ブラック企業で三日三晩働きづめの人が、
これ読んで感動なんかするか?
置かれた場所から逃げるが勝ち、だろ。

おいらだって、
ほぼパソコンの前に置かれているが、
ここで咲けってことは、あきらめに似ていないか。
だいたいパソコン嫌いだし。

置かれた場所で泣いたり笑ったり。

このレトリックで言えるのはここまでじゃないだろうか。

にしても、このレトリックは凄い!

置かれた場所が悪いのよ。

置かれた場所で戦争しなさい。

置かれた場所が原発かよ。

・・・色々、遊べるなぁ^@^w




置かれた場所で咲きなさい (幻冬舎文庫)

置かれた場所で咲きなさい (幻冬舎文庫)

  • 作者: 渡辺 和子
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2017/04/11
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

「図書館戦争」ビデオ [過去文章]

 ¨榮倉奈々さんが 観れただけで良しとしよう。  薄っぺらなお話だ。 現実に『アンネの日記』が破られ、 『はだしのゲン』を図書館から排除する 動きがあったと言うのに 照れるくらいつまらなかった。  本当に榮倉奈々さんが 出演してるのが救いだった。  思えば私が小学五年生の頃、 悪書追放運動が ヒステリックなPTA中心に起こり、 日本各地で書物を焼く という野蛮な行為が行われた。  確か狙われたのは 漫画「ハレンチ学園」だったと思う。 親の転勤で北海道にいた私は、 この映画を友達と 観た記憶がある。 初めてのおこずかいロードショーが ハレンチ学園ていうのもあれだが、 映画はたいしたことなかった。 問題は原作の漫画の方であろう。 本屋の軒先約3時間、 熟考して手に入れたハレンチ学園は 小学生には確かに鼻血ぶーではあった。 あったが、それだけのもんだ。  キャラ立ちを作り、 男前の女子とイケメン入れて、 難題(病気とか)でかき回して、 ハイ出来上がりはもういいよ。 文庫の漫画表紙もやめろよ。 ¨ちなみにおいら この図書館戦争という題名で、 本の貸し出し争いのお話かと思ってた。  まぁ、それもなんだか・・・ねw
『図書館戦争』シリーズは、公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として「メディア良化法」が成立・施行された架空の現代日本を舞台に、不当な検閲から「本」を守ろうとする図書隊員たちの戦いと日常を描いたエンターテインメント小説。現在までに『図書館戦争』『図書館内乱』『図書館危機』『図書館革命』の4巻に加え、スピンオフ小説『別冊 図書館戦争I』『別冊 図書館戦争II』が発売され、シリーズ累計は125万部を超えています(2008年8月現在)。


図書館戦争 THE LAST MISSION スタンダードエディション [DVD]

図書館戦争 THE LAST MISSION スタンダードエディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • メディア: DVD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

『チャボ」 [音楽関係]

https://www.youtube.com/watch?v=D83OjirdSX8
↑クリックして聴いてね^@^w


古井戸でのチャボはすごかったなぁ。

当時、フォークでアドリブつーと、

ロック系のブルーズでつまんなかった。

もちろん、はっぴぃえんどの鈴木茂さんとかは違っていたが、

チャボは唯一の存在だった。

あの抒情的なソロはなんだったんだろう。

とにかく泣けるソロだった。



ひるがえって、RCでのチャボは、

下手なブルースギター初心者だった。

でも、

こんなにいいギター弾きになっていた。

やるなぁ^@^wチャボ^@^v


ラスト・ステージ

ラスト・ステージ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ダブリューイーエー・ジャパン
  • 発売日: 1991/12/21
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「玉金セブン!」 [過去文章]

みなさんご存じ?おいらのラッキー7!
金玉が7個あるのだ。嘘、精子が漏れて5つも水泡が金玉袋にあるのよ。それが、ついに、水泡みたいのからお肉に変質ーー;w

癌も怖いが、いんきんにはなるし、屈伸運動もできんw
男性はわかるだろうが、でかい腫瘍がお腹にあがってくるんじゃーー;w
痛いのよw
で、夕べお風呂でひとり剃毛ーー;wすごい恥ずかしかったの^^;


で、心臓の病院の泌尿器科は5,6年行って、
「見も」しなかったので、一昨年あたりに違うとこで調べて、
でも、結局心臓外科がないとできない、つーんで、
結局、元のSK総合病院(ペースメーカー入れたとこ)を逆指名。
紹介書、持っていっただよ。

医師は新しい奴。

・・・「君は、どうして、この○○医院に行ったの?」
「えっ、は、はい?」
「だから、以前はこの病院で受診していたのに、
どうして違う病院に行ったの!」
「あっ」
「おおきくなったからでしょ?」
「・・・」
「おおきくなったから、違う病院に行ったんだろ!」


こ、これが医師特有のプライド?によるイライラかよーー;w
ムカッとして、
「前の医師が5年も通わせて、ズボンを脱げとも言わず、 患部を見たり触診しねぇからだよっ!」 と、言いそうになったが、我慢。。。

近くで心臓外科あって手術できんのここだけだものーー;

「あっ、はい。その通りです」
「じゃ、液,調べるから、そっちで準備して」

とりあえず、我慢のお陰で、見て、触って、金玉袋の中の玉のひとつから、
体液を抜き取るそうである。


でね・・・お膳、ちゃう唖然。

なんで、看護婦に二十歳前後の若い娘が3人もいるんだよ!
恥ずかしいよぅ、こりちゃんさすがにーー;泪w

でかくなった金玉袋とそのせいか小さくなったポール<キンキン>、
そこをそんな可愛い手で押さえて・・・あうっ!

って、痛いじゃねぇかよ!金玉注射!
しかも、抜き取る方だから、痛さ感激。

・・・まぁどS医師だが、やることは早い。
来週、木曜日結果。手術するか決めるって。

今、500ccくらい抜いたから、だいぶ金玉軽いw
どうしよう、手術。

あんまり心臓によくないし。
金玉袋の上切るから、1週間くらい入院なんだよなぁ。
はぁ、
今更だけど、欲しい人?いないよなぁーー;w

・・・後述記録。 なんと金玉その注射のおかげで急に小さくなった、 手術回避^@^v 次の年はどS先生じゃなくびびってたから、 半分くらいしか吸い取らずあんまりあれだったが、 今年ももう7個パンパンッ!--;w 行かないとな。つーかこれ命にかかわらないけど、 手術しないと毎年かぁ。。。はぁ。ただいま、風邪。

泌尿器科 (シリーズまとめてみた)

泌尿器科 (シリーズまとめてみた)

  • 作者: 天沢 ヒロ
  • 出版社/メーカー: 医学書院
  • 発売日: 2015/05/15
  • メディア: 単行本



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

「ぶるこり」 [音楽]

https://www.youtube.com/watch?v=k1xS0bbgvBs
↑クリックして聴いてね^@^w


ベスト・オブ・ブルース 101 ( CD4枚組 ) BLS-110

ベスト・オブ・ブルース 101 ( CD4枚組 ) BLS-110

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: キープ株式会社
  • 発売日: 2012/05/29
  • メディア: CD



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「ロックはリフだね!」 [音楽関係]

https://www.youtube.com/watch?v=VOcABtJTpho
クリックして聴いてね^@^w盛り上がるぞ!


もう、 この点ではジャズも クラッシックも負けますね。 ロックギタリストはこのリフ、 考えて、なんぼ。 最高のテンションに持って行く。 おいら敵にはやはりクラプトンの サンシャインオーヨーラブかな ^@^v
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽